レバレッジの利用で大きく取引ができるFX

外国為替証拠金取引(FX)の大きな特徴が、小さな手元資金で大きな取引ができる点にあります。10万円で米ドル預金にすると千ドルになりますが、FX取引ではレバレッジ利用により、10万円の資金で米ドル1万ドル分の取引が可能になり大きく稼ぐことが可能になります。千ドルの元手で米ドル/円通貨ペアを買った場合、1円の円安で為替差益は千円であり、レバレッジ利用でFXで1万jの取引を行えば、為替差益は1万円となります。最近の為替動向を見ていると、1円程度の変動幅は頻繁に発生しているので、デイトレべースで取引を行えば、リスク少なくして月10万円程度は十分稼ぐことが出来ます。


<レバレッジを高くロスカットは確実に>

レバレッジを高くすればする程、リスクは大きくなり、想定外の為替変動では大きな損失を蒙ることになるので、損失が最小限に食い止めるためのロスカットを確実に行うことが重要です。下がれば上がる事は間違いないことですが、ここまで下がったら後は上がるだろうと欲を出すと、往々にして下げ続ける事があり、損失を拡大してしまう事は良くある事です。ここまで下がったら損切りすると決めれば、そのレベルに達した時点で必ず実行する事が、レバレッジを高く取った時の鉄則です。自動ロボット機能の取引の一つの利点は、ロスカット機能がある事であり、証拠金維持率が一定のレベルまで下落した場合は、建て玉を自動的に決済してしまうことです。こうする事で、損失を許容範囲に押さ得る事が出来ます。

Comments are closed.